正しいストレッチ方法でお腹を引き締める

2月 20th, 2015 by

わき腹のストレッチをすることで、お腹を効率的に引き締めることが可能です。ところが上体を横にそらそうとすると、背骨を支えている骨盤の筋肉が動いてしまったり胸がねじれてしまったりして、お腹の筋肉だけをうまくストレッチすることは意外と難しいものです。正しいストレッチができていれば、わき腹の筋肉である腹斜筋が伸びて、お腹を引き締める事ができます。とはいえ、いざやってみると、案外と難しい運動であることが、実感できるのではないでしょうか。誰でもすぐにできそうなストレッチですが、要領を覚えることが、大事になっています。意識しても動かすことが難しい筋肉ということは、ストレッチなしで日々を送っていれば、まず使うことはありません。日々の活動の中でも使う筋肉ならば、ちょっと意識すればすぐに伸縮させることがでるものです。下腹部は、脂肪が特につきやすい場所です。そのため、運動でお腹を引き締めるには、たくさん運動をしなければいけないことになります。腹部に蓄積している筋肉を使うためには、どんな姿勢になることでわき腹の腹斜筋が使えるのかを把握することか大事です。お腹まわりの筋肉の中でも特に、足の付け根や下腹部辺りは普段使われることがあまりないためたるみやすい場所といえます。お腹がたるむ原因といわれているのが、猫背です。普段オフィスワークなどをしている時に、猫背になっていることはないでしょうか。猫背にならないように気をつけているつもりでも、作業に打ち込んでいるとだんだんと猫背になったりします。猫背姿勢だとお腹がたるみやすいのは、背中をかがめていると、腹部を支える筋肉を使うことがほとんどないからだといいます。お腹がたるまないように、わき腹を伸ばすエクササイズで、下腹部を引き締めるようにしましょう。酵素ドリンク 痩せる

  • Comments Off on 正しいストレッチ方法でお腹を引き締める
  • Posted in ダイエット方法