背中を伸ばす体位

4月 20th, 2015 by

ヨガはダイエット効果もあります。

背中を伸ばす体位は、ヨガのポーズの1つです。
やはり、消化器系の内臓を刺激する働きがありますので、良い効果が期待でします。
やり方を説明します。
ヨガはLAVA予約を取ってスタジオで練習しましょう

①床の上に座って、両足を揃えて十分に伸ばします。
手は太ももの上に置いておきます。

②上体を前側にかがめます。人差し指を曲げます。そしてそれぞれの側の足の親指に
ひっかけます。届かない場合は、足首に近い部分を両手でつかみます。

③きっかけた人差し指を使って、足の親指を手前に引き寄せます。
そして、背中を出来るだけ反らせながら息を吸います。

④息を静かに吐きながら、状態を足の上に伏せてゆきます。最後には
顔が足について、身体が二つ折りになります。

⑤腕は肘のところで曲げます。可能なら肘を床に付けます。

⑥静かに深呼吸をします。この態勢を保ちます。最初は15秒くらいをめどにします。
最終的には1分位できるようにしましょう。

⑦ゆっくりと最初の態勢に戻します。
この体操を3回は繰り返します。

背中を伸ばす体位の効果は以下のようなものがあります。

・腹部にある内臓が全て刺激を受けるので、活発に活動する様になります。
腸や膀胱も同様です。この為前立腺の疾患には良い影響があります。
又、性生活の衰えを防ぐことができます。
又、慢性の便秘にも良い影響があります。

・坐骨神経痛が改善します。

・リンパ液の循環を良くします。この為、病気にかかりにくくなります。

・精神的に安定しますので、不眠症やイライラ感が無くなります。

  • Comments Off on 背中を伸ばす体位
  • Posted in 運動